8月11日はヒップホップの誕生日〜2枚のレコード、2台のターンテーブルから

8月11日はヒップホップの誕生日〜2枚のレコード、2台のターンテーブルから

TheDayHipHopWasBorn

誕生日。

今日アメリカ日時2017年8月11日、日本時間12日のグーグルはすごい。DJクールハークが1973年8月11日に初めて2台のターンテーブルを使ってブレイクビーツを生み出した記念日だそう。グーグルのスタートボタンから、曲を選んだりして、あなたもDJができる。ピッチも変更可

このリンクの有効なのは、アメリカで8月11日だけかもしれませんが、実によく出来ている。

その解説。ここならずっとリンクが生きているかも

冒頭の解説だけの映像。約1分

2台のターンテーブル、右と左のレコードのビートリズム、BPMをあわせるという、基本中の基本がここではオートでできてしまう。なんて楽な。笑もちろん、それぞれのターンテーブルのピッチをマニュアルであわせることもできるが。

ちなみにこのレコードラックに入っているレコードは、各国ごとに違うそうだ。どうも、日本のラックはほかの国より少ないらしい。

最初にこれを見たとき日本時間の12日の午前0時台、字幕がクールカークになっていたので、グーグルにメールでもしようかと思ったが、次見た時にはもうクールハークに直っていた。

この曲間のドラムビートブレイクだけのところを、同じレコードを2枚使って、繰り返してプレイし、延とそのビートが続いていくというアイデアは、ほんとうにすごいアイデアだ。誰もがやっている今でこそ、当たり前に思えるが、最初にその発想を持ったところがイノイティ。そして、そこにマスターオブセレモニーMCが乗りのいい言葉を乗せた。まさにブレイクビーツの誕生の瞬間は、ヒップホップ〜ラップ誕生の瞬間といっていいのだろう。

〜〜〜

最初、この2枚のターンテーブルのベースとなる右のターンテーブルにはアイズレイブラザーズのビトウィーンザシーツが乗っているが、これは1983年のヒットなので、デフォルトではジェームスブラウンあたりを置いておいてほしかったが。笑ただ、後では自由に変えられる。

しかし、遊んでみればみるほど、よく出来てるなあ、このアプリは。このオートシンクっていうのはいつからあるんだろう。昔は、ヘッドホンで片方のビートを聴きながら、もう片方のビートを一生懸命合わせたものだが。

1973年に僕が六本木のエンバシーでフリーランスのDJを始めたときターンテーブルは2台あったが、ミキサーはなく、アンプのスイッチでAのターンテーブルとBのターンテーブルを切り替えていた。だから音楽はクロスはしなかった。もちろん、頭だしのモニターもできなかった。それがその年の終わりか翌年始めにこれからは絶対に必要だからミキサーを買いましょうとエンバシーの店長だった勝本さんに強く言って買ってもらった。当時20万円以上したと思う。店としては大変な出費だった思うが、とにかくそれでミックスできるようになった。しかし、まだターンテーブルにピッチコントローラーはなかった。

そして、ピッチコントローラー付きのターンテーブル、さらに、クロスフェイダーという順で機材が進化していく。

今でこそこのクロスフェイダーが当たり前にあるが、初期の頃は普通に各ターンテーブルごとの音量をミキサーで調整していた。クロスフェイダーはいつから登場したのだろう。これを発明した人も、すごいと思うのだが。1979年にはまだ通常のミキサーだった記憶があるので、1980年代に入ってのどこかで誕生したのだろう。ちょっとこのあたり、調べてみたい。ご存じの方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

このグーグルのドゥードゥルこのアプリ、システムを見て、いろいろと思いだした。

〜〜〜

このあたりの話はこちらに詳しい。

ヒップホップジェネレーション新装版単行本ソフトカバー2016/9/16

ジェフチャン(著)DJクールハーク(その他)押野素子(翻訳)

ENT>BREAKBEATS>811